残業をしないコツ!みんなはどんな工夫をして仕事をしている?

todoリスト

皆同じ仕事をしているのに毎日残業をしている人もいれば、定時で帰る人もいますがそこには大きな違いがあり、残業しないコツをつかむことで時間内に仕事を終えて帰ることができるようになります。残業をしない人は自分の仕事量をしっかりと把握して就業時間内に終了できるように効率よく仕事を進めていきますが、残業をする人は本人は一生懸命仕事を進めているのですが、集中力が足りずあまり進んでいない傾向があります。一つの仕事が終わっていないのに次の仕事に手を出していたり、上司に渡された別の仕事を進めてしまったりして、要領や効率が悪い傾向にあり思うように仕事が進みません。

残業しないコツは仕事の効率と共通していて、残業しない人は時間管理がうまく優先してするべきことをわかりながら仕事をこなしていて、残業が多い人は時間の管理が全くできていないところが特徴です。業務量が多くて時間内にできないかもしれない時でも、細かいスケジュールを組み直し一つ一つ達成させることで、計画的に仕事の終わりが見えますし、終わらせる日時を決めておけば必然的に無駄な残業が減らせます。集中することが大切ですが根を詰めすぎて働けば、周りが見えなくなり疲れ切ってしまうので逆に効率が悪くなったりミスが多くなるので、ちょっとした気分転換が必要です。

また仕事を途中で区切ることが苦手で時間オーバーしてしまう人は、時間で区切る方法が効率よく行うことができ、仕事が途中でも時間が来たら休憩を取るようにし、自分でルールを決めることで仕事も測ります。外で深呼吸をしてみたり飲み物を飲んだり、飴やチョコレートなどを食べてみればリフレッシュしますし、意外に多いのが自分だけで仕事を抱え込んでしまうことですが量が多い時は誰かに相談します。残業を減らすことができる人は自分のタスクを基本的に同僚や後輩へシェアすることができ、自分がこなせる仕事量を初めから知っている人ですし、シェアするために仕事を教える手間も惜しみません。

自分が抱えた仕事の中で急いでいるものや重要なもの・そうではないもので住み分けを行い、優先順位を決めた上で重要な部分から順に仕事をこなしていくことがポイントで、必然的に午前中は重要な仕事を済ませることができます。優先順位が低い仕事は明日に回すことができますし、その中に実は必要ではない仕事も含まれている可能性がありそれを見つけたら、時間があるときにすれば良いと割り切ってしまいます。