業務改善フレームワーク「PDCA」を解説します

PDCAの計画は過去の実績や将来の予測をもとにして業務計画を作成していき、実行は計画通りに業務を実行していくことで、検証は実行した業務が計画通りに沿っているかを検証することです。また改善は検証結果によって見える課題の解決策を考えていき、そこから改善することで一回すれば終わりではなく改善と計画の部分は、続けて行なっていくことが重要になります。フレームワークは業務改善などに役立つ分析ツール・その思考の枠組みですが、教わることができますしビジネスに必要とされている考え方や発送方法などを用いて体系的にまとめています。

運用から開発・意思決定を行うことはその基盤となっている、構造・規則やアイデア・思想などの集合を踏まえて、枠組みなどと言われることが多いですし1週ごとにレベルを向上させながら継続的な改善を続けます。業務改善をしていく中でPDCAサイクルは、工業製品の生産時において品質管理や生産管理をよく進めるための手法として使われていたもので、現在はいろいろな職種で用いられている方法です。営業活動の中ではこのサイクルがうまく回らないこともありますが、ここを意識すれば良いので計画・実行・検証・改善を用いることが大切で、大きな問題も見逃さないようにします。

具体的な仮説・施策によって効果の見込みがわからないまま計画を作っていたり、改善が感想で終わっていて計画・実行・検証・感想というサイクルを繰り返し、なんの改善も見られないことがあります。本来品質管理や生産管理を効率的に進めたり、改善するための方法で、営業マーケティングで売り上げ改善に使われることが多く、品質管理や生産管理はマーケティングでの売り上げ改善になっています。これらは主に機会が稼働しているので、数値に落とせるプロセスとして把握されていますしマーケティングや営業職は人に対する行動として棲み分けていて、モチベーションや感情など不確定要素もあります。

品質管理を理解していくには数値があれば大概は可能ですが、営業を理解するには取引先が考えていることを理解することは不可欠でPDCAを営業・マーケティングで用いる人には改善に変わる方法も試みます。フレームワークをある目的で開発していれば他にも応用できることがありますが、何も工夫をすることなく当てはめると使い勝手が悪くなり、生産分野のように数字を確認するだけでは足りないので業務改善を行なっていきます。