業務改善フレームワーク「3C分析」を解説します

3C分析はフレームワークで市場・顧客や競合・自社という意味で、これらの軸に沿って分析を行い成功要因を見つけ出していきますが、自社の強み・弱みを特定するためのフレームワークで業務改善の一部です。競合他社会や競合は競争状況について分析していく行動ですが、自社が競合他社とどのような関わりがあり、差別化をしていけばうまくいくのかを分析していく行動でとても重要になります。自社の経営資源を踏まえた強みの現状を把握し、市場の変化や競合企業との変化へ対応することで、自社と比較することが求められますが、他の分野でも業務改革が期待できます。

市場や顧客は顧客の購買意思・能力を分析し具体的な分野の視点から見て、市場規模や成長性を含めセグメントのニーズを知り、購買過程などがわかるように意識付けることが大切です。他社の強みと弱みを徹底的に調べていき、弱みは自社が入り込むチャンスがあると考えており、競合の特徴を整理すれば、それぞれがどのように克服できるかがわかり、差別化がはかれないかを考えます。業務改善は地域でアンケートや聞き取り調査を行うこともできますし、自社がターゲットとすべきものは何かを考え仮説を立てていき、この仮説が正しいかを改めて調査・検証していきます。

3C分析は競合・自社・顧客を分析していきます情報収集を行い、分析をできるだけの情報が揃っていることが前提で、この情報収集をするためには想像以上にかかるので後回しになりがちです。企業の規模が大きい場合は自社の強みや弱みがわかりづらくなり、分析を行う場合全ての把握ができていないケースもありますし、顧客数も少なければ競合の情報が公でシェアされていないという状況もあります。顧客を理解することが基本ですがそこから取ることができるサンプルも少ないので、必要な情報がないまま市場自体が変化してしまうこともあり、正しいと確信して分析を行っても実は違うケースも見られます。

全体的な視点で市場の規模を調べた時にどれくらいの情報があれば、数字で捉えることができるのかも比較的わかりやすいですが、具体的に顧客のイメージを考えると数字にしにくくなります。実際に具体的な分析を握ることはできますが、ある程度的を絞って分析を行うことが全てを円滑に動かすポイントで、自社の強みを社内の感覚で行うことは市場や競合には当てはまらない可能性があり失敗に終わります。社内の中で強みとして継続したい部分は、実は競合の方が優れていて差別化するレベルではないということも分析で知る可能性があり、どの順番で分析を始めて行くかも大切な要素です。