従業員のエンゲージメントを上げることで業務効率を図ることも重要

団結している社員

従業員のエンゲージメントは企業に対して自主的に貢献しようとする意欲のことで、エンゲージメントには契約や雇用・約束などの意味があり、意欲が従業員と企業との繋がりの強さも反映されます。業務効率化を行う上で企業と従業員の間でビジョンが一致しているかで変わりますが、相手の成功が自分の成功という関係性であれば、企業運営の中で成立している意味合いになります。よく言われる従業員満足度が高いことは好ましいですが、これに比例する企業への貢献度が上がるわけではないので、会社が与えた満足度に見合うだけの献身があるかという部分が必要です。

これが向上すればたくさんのメリットが発生し、エンゲージメントが高い従業員は、低い従業員と比べると離職率が90%ほど低いとされていて、離職率が下がることで企業全体での業務が安定して進みます。新しい従業員を採用しても育成がスムーズにいく傾向にあり、さらに好循環が生まれますし幹部クラスへ対して充実した教育や、企業文化の理解を深めてもらうことで業務効率を良くさせることができます。顧客満足度の向上を果たす場合、リピーターによる売り上げを始め新規顧客紹介などにより業績の向上に直結する可能性がありますし、重要度や優先度に対して調節を行なっていきます。

仕事が散乱していたり、バラバラに行なっている業務をまとめることは、業務効率を良くするポイントで回数を分け頻度を見直すことで、新規顧客の管理は1週間まとめて行い月に1回していた報告は2ヶ月に1会だけ行うという方法です。業務回数や頻度に変化を与えることで影響度合いも想定しておけば、変更しても大きな損失やミスを出すことがないですし、他の仕事面でも影響を出さず効率的に行えます。頻度が高くない場合でも定期的に発生している仕事は、その方法を思い出すだけでも時間がかかりますが、マニュアルをしっかり整えておけば担当者が変わっても一定の質でスムーズに業務へとりかかることができます。

仕事の効率が良い人の事例を共有したり、標準化するといったメリットもありますが、従業員エンゲージメントを高めていくにはストレスを適度に与えることも大切です。企業の実績を上げるために短期から中長期・長期的な戦略を目標として掲げると、適度なストレスを与えることが可能で、常にストレスフリーな状態であればその状態に甘くなる可能性があります。従業員が自ら貢献意欲を高められるような人事評価を行うことも大切で、働き手の生産性の低下を防ぎ体調を崩さないようなほどの仕事量をこなしていくことが大切です。