テレワークの導入は企業にとってメリットはあるのか?

テレワークは離れて働くという語源から来ていて、情報通信技術を活用し場所や時間を有効に使い柔軟な働き方ができるということが定義で、単なる労働時間の削減ではなく働き方の改革になります。多様な働き方を選択することができる環境を現実的にし、さらにそこから生産性を高めることができますし多くの経営者が抱えている問題でもあり、国内の経済が停滞しないように進めていきます。企業へのメリットは時間当たりの生産性を向上させ社員の労働参加率を向上させた上で、繁閑対策も進めていくことができますし、これらを実現する上でテレワークの導入が大きなポイントになっています。

万が一見えない部分で社員が仕事をせずサボるようになる可能性があったり、生産性向上につながらないと判断するときは、テレワークの導入に慎重になることがありますが、通勤などの移動時間を有効活用することがメリットです。その結果社員の生産性が向上しますし介護や子育ての段階にいる人が、思う存分に働けなかった場合でも導入することで働けるようになり、企業が多くの人材を確保することが可能です。交通機関の遅れなどで支障が出たり、何らかの原因でオフィスが使用できないときでも、リスクが分散されるので災害時にも大きな損失を出すことなく、企業の存続が行えます。

障害を抱えている人でも自宅で働くことができるシステムが整っているので、その結果障害者雇用につながりますし従業員がプライベートの時間を十分に確保しやすくなりますし、その結果リフレッシュ効果につながり仕事も楽しくなります。働きやすい会社で新鮮なシステムが導入されているというイメージがあり、企業のイメージも向上しますしテレワークの導入により親の介護や子供の世話をしながら自宅などで働くこともできます。怪我や病気で万が一入院しても病室で業務を果たすことができ、必ずオフィスへ行って働かなければいけないという制約がなくなり、多様な働き方が実現するので多くのメリットが生まれます。

テレワークを導入していても制度を利用しやすい雰囲気がなければ効果が発揮できませんし、テレワークのためには仕事を切り分けるのではなく、テレワークで仕事をするという意識に変えます。物理的に会社にあったファイルやキャビネット・会議室や電話などの道具を全てクラウド上へ配置し、在宅時や会社にいる時も同様に仕事が進められるようになります。クラウド上へ仕事の道具を置く場合は、そのぶんセキュリティをかけることが重要ですしそれを怠ると、情報漏洩などのトラブルを招く結果になり逆効果になりがちです。